【LGBT専門】LGBT当事者主催留学フェアと「海外×LGBT=パイオニア」の講演会に参加してみませんか?

2016/07/31

学生の頃と社会人になってからの自己の生産性や行動範囲は大きく変わる。そして、大きく変わるのは周りからの自己の見方。自分の見方ではなく、周りからの見方が大きく変わる。今日はLGBT以前に、社会人としての自己の見方について社会人1年目から海外勤務していたヒロトならではの観点から綴ります。今日は、最後にBigなお知らせ?もございますので、お楽しみに!

夢見る学生のままではいられない!ここが違うよ社会人!

f:id:PioneerLGBT:20160424164643j:plain

同性婚が出来る世界との出会い。自分がどこで頑張るか努力のベクトル合わせ。

私は学生の時にバンクーバー、カナダへ語学留学に行きました。既にこの時に、何故、バンクーバーを選んだか=同性婚が出来る!という事でいつか自分と同じ境遇の方の一助に自分がなると決めていました。当時は、性同一性障害という言葉も主流でなく、LGBTという言葉なんて日本では皆無の時代でした。時代はあっという間ですね。私にとって同性婚が出来るバンクーバーはとても好奇心を駆り立てられました。そして、それを手配している方が既にいる世界。

ああ行かなくちゃ。

何故か、使命感を感じた。親や周りへカミングアウトが出来ている自分は、カミングアウトをする事で頑張る必要はない。だったらその先で頑張る。そう思ったのです。他にも理由はありますが、黒板に箇条書きにする必要があるのでまた講演会の時にでも。

自分はこうだと言い張って理解してもらえるのは学生という身分特権

さぁ、バンクーバー、カナダへ到着した私は、とにかく多くの方と出会い魅了させていったみたいです笑。何故なら、あの頃は無欲で、とにかく無垢だったから。なんでしょうね、学生という言葉で許される何か一定のフィルターが世界には存在していると感じました。全員にため口、全員友達。40歳、30歳の人ともあえばすぐにニックネームを決め、ご飯に行って、友達に。友が困ってたら全力で助ける。そして見返りを求めない。そこで、出会った人にあるプレゼント製作を始めるのです。当時、私はなんでそこまで本気になれる?お金はもらわないの?と言われる事に「自分がしたいからしている。」そう何も疑う余地もなく、自分の時間とスキルを製作に費やしていました。全ては誰かの笑顔を創りたい想いから。そう、学生だから当時はお金を稼ぐ事も生きていく術も何も知らない。社会に対して無知な存在。

そんなちっぽけな存在が留学生で渡航し、現地留学会社の社長からヘッドハンティングして頂き、社会人1年目から晴れて海外勤務になったわけです。そう、採用理由は「誰にも負けない情熱」。でも、ここで社会人のお金を稼ぐ事の意味、人の見る目を養った今のヒロトなら分かる。お前は利用されたんだと。

熱意もやる気も誰にも負けません!お金と地位がないから社会で使い易い

学生の頃の私は、とにかくすべての事にポテンシャルが高く、すぐに人を信じる人でした。そこで信じては裏切られ、よく母に「あなたは人の見る目を養いなさい。」と怒られていました。ただ、他の学生と違うのは、自分の留学なので自分のお金で渡航しなければ意味がない。自分でしたいからしている。誰かにやらされているわけではないと言い張り、大学生のアルバイトで80万を貯め、渡航した事。渡航してみた世界は、親のお金で留学して遊びほうけている人の多さ。自分でお金を貯めてきているのは社会人。学生は社会から守られている気もしました。その学生の身分でいる気持ち悪さに気付き始めたと同時に、社会人が始まった私は本当にやりたい事でお金を稼ぐ難しさと、自分の仕事への力量のなさを痛感したのです。

勉強が出来る学生と仕事が出来る社会人は比例しない

f:id:PioneerLGBT:20160424165104j:plain

まさに世は、 中卒、高卒のベンチャー台道時代。当時、私がいたバンクーバーでも高卒で現地の会社に引っ張りだこな存在がいました。私は今でも彼の仕事の姿勢に大きく影響を受けています。彼は、自分の事を知っている。そして、周りの自己への見方を知っている。何をみんなは自分に求めているか?社会的立場の自分の位置付けを彼はいつも確かな観点から見据え応え続けていました。彼が得意なのは完璧な仕事のスキルと専門性。そして数字でした。だから、彼は今ではバンクーバーの若きクリエイター代表として起業し、確かな実績で若い世代を台道しています。

私はいつまでたっても情熱や信頼を第一に仕事をし、社長のレスポンスの遅さや、働く環境に同期がいない(同世代がいない)事に日々嘆いていました。つまりはずっと環境のせいにし、自分を変える事をしなかったのです。学生のヒロトで通用する世界ではないのが社会。社会人としてのヒロトが周りから求められるスキル、社会貢献の本当の意味を感じていました。

学生のヒロトと社会人のヒロトで求められるものは違う

f:id:PioneerLGBT:20160424170525j:plain

いつまでたっても気付けない人もいるでしょう。学歴や過去の功績に囚われていた私がそうでした。学生の明るくて元気で情熱的なヒロトは学生だから通用した人格。新事業立ち上げで、ある一定の収入を頂き、何日までにという納期があり、上司とのホウレンソウがある中で、情熱も何も通用しません。全てはどれだけ社会と会社に貢献出来たか。求められるもの以上の事が出来たか。誰かの真似ではないか?それは自分にしか出来ない事か?

つねに答えがある勉強とは違う世界。つねに塾では1位、中学でも1クラス40人×6クラスで学年2位だった私は、優等生すぎたのです。言われる事をきちんとやるだけで生きてこれた世界でtopだった私は、言われない事を完璧にする世界で底辺になりました。学歴という自惚れから自己の成長はその時、既に止まっていたのでしょう。現に私の同世代(東大や京大)行っている方はみんな未だに学生していたり、社会に入った途端、連絡が途絶えた方も何人かいました。初めてみんなそこで敗北を知るのでしょう。仕事は知能ではありません、適応力です。また、どれだけ覚えられるかではありません、どれだけ覚えたスキルを使って、周りに、社会に貢献できるかです。そのやりがいに気付いた今、とにかく想う。仕事て最高だ。

まとめ

f:id:PioneerLGBT:20160424170611j:plain

本当はここから社会人のヒロトとして何が必要で何を追求したかという信念や気付きの自己成長を綴る事が求められるでしょうが、何度も言います、講演会で伝えます大切な事は面と向かって、自分の言葉で伝えたいと思います。そのために、6月か8月に講演会を開催致します!有難い事に、パイオニアは某有名旅行会社からツアーの助言をさせて頂いたり、正直、立ち上げで1ヶ月も経っていませんが、このサイトも講演会に向けて新しいものを作成する必要性を感じていますし、続々と新しい執筆者も増えていきますので、注目度が増していくと思います。それでも、私は離れているため日本の外から自分が出来る事は限られています。今後、益々、多くの方のお力添えが必要です。

重大ニュース

「海外×LGBT=パイオニア」LGBT留学フェア開催にむけての市場調査アンケートのご協力をお願い致します。

既に本サイトは日々、50人程の方が訪問して頂き、ツイッターのフォロワーも着実と数を増やしています。この度、パイオニアがLGBT留学フェアと講演会開催を行うに辺り、一人でも多くのLGBT当事者の方のお役に立てますよう、誠に恐れ入りますが、LGBT海外意識調査のご協力を宜しくお願い申し上げます。

尚、本調査はサクッと1分で回答出来ます。個人情報詳細を打ち込む項目はございませんので、安心して下の画像をクリックし「OK」ボタンから進めて下さい。

creativesurvey.com

本アンケートに基づき、多くの団体と連携を取らせて頂きたく思います。また、個人でも何か講演会の時に一緒にパイオニアサポーターとしてイベント開催を引っ張って頂ける事がいらっしゃいましたら、以下、お問い合わせ項目からご連絡を頂けたら幸いです。

お問い合わせ

今後とも外から日本を変えていく「海外×LGBT=パイオニア」
を何卒、宜しくお願い申し上げます。

近い将来、皆様の人生に出会わせて頂ける事を楽しみにしています。

ヒロト

「いいね!」して
最新情報を受け取ろう!

-Hiroto, LGBT学校生活, LGBT最新情報, LGBT海外就職, LGBT留学, LGBT結婚, Xジェンダー, パイオニアとは?, 性同一性障害, 海外同性結婚
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,