彼女いない歴=年齢のFTMの僕が最近悩んでいること。

2016/09/25

どもです。前回はヒロトさんが恋愛観について語っていたので、よっしゃ僕も恋愛の話をしよう!と思ったらパートナーもいないし話せる恋愛遍歴がありませんでした。残念!人を好きになったことはありますが、お付き合いをしたことはないですね。今回は僕もゆるく?行きます。

 彼女いない歴=年齢、ですがなにか?

f:id:PioneerLGBT:20160503130816j:plain

いやもうね、本当に恥ずかしいんですよコレ。僕はこの世界に生まれ落ちてから一度も恋人がいる喜びを味わったことがないんですね。昨年初めて男性として働いていて、いわゆる埋没状態だったのですが、12月の飲み会で恋愛トークになりました。

「ジャンさん彼女いるんすか~?」

と、僕より3つくらい年上の人に聞かれました。僕より後に入ってきた人ですが、なんだかボサッとした見た目で仕事でいつも怒られている人でした(いい人でしたよ)。

「いないっす~!どうやったらできるんですかね。あははは。」

と僕はもう超馬鹿正直に答えました。今までは「元オンナ」を周りの人が知っていたので「まぁ仕方ないよね、これからだよ~」みたいな話になったんですが、この時は埋没状態。カミングアウトした一部の人を除いては僕が元オンナだなんて思っていません。すると

「え!?嘘!?モテるでしょ!?」

「いやモテないです。フラれてばっか」

「いままで一度もいないの!?」

「あはは、そうですね、いないです。」

「ええええええ!?僕ですらいるのに!!

ちょ、うるせえよ。傷つくわ。そうだよアンタですらいるのに僕には24年間いないんだよ悪いかコラ!この後僕の彼女を作ろうみたいな話で盛り上がりましたが、むなしさだけが増すのでやめてくれと思いながらグイッとお酒を飲みました。

経歴としての彼女が欲しい

正直なところ僕は彼女がいないこと自体はあまり気にしていません。自由奔放に生きている(らしい)し、一人の時間も苦ではないです。一途に人を好きになることもあるし、告白されたこともあります。僕を女として見てるパターン、男として見てるパターン両方。でもこの年になって彼女がいないことを、埋没している状態や僕と前提が同じようなセクシャルマイノリティの人に言うと大体ドン引きされます。

幼馴染♀がもうすぐ結婚します。そんな彼女にも聞いてみました。

「最近、彼女いない歴=年齢の話したらドン引きされるんだけど」

「そう?そんなに変じゃないと思うけど」

「前提を知ってたらそういう反応だけど元オンナってのを知らなくて『24年間彼女いないッス!』って男、結構やばくない?

「あー…確かに。」

「なんかあるんじゃないかと思われそうでさ」

「え?」

「だから、人格破綻者とかサイコパスとか、性癖が異常なんじゃないかとか推測されてるかもしれないじゃん!!」

そう、僕の最近の悩みはそこ。「今まで彼女いたことないんだ、へぇ~」と思われるのはいい。でも「今まで彼女いたことないんだ、へぇ~(…普通の人に見えるけどもしかしてすごく性格悪いとか器ちっさいとか性癖がヤバイとかあるのかしら…)」なんて思われたらマジ辛い。つまりずっと彼女がいないと言うことによって、僕の人間性や趣味に何か多大なる欠陥があるんじゃないかと思われるんじゃないか、というのが最近の悩み。だから僕は経歴としての彼女が欲しい。最低だな!

だから経歴を作った

そんな話を後輩♀にしました。

「だからさ、このままだと変な人だと思われそうじゃん」

「じゃあ作れば?」

「何を?」

「彼女がいた経歴」

そうだ、ないなら自分で作ればいい!そんなDIY精神で後輩と話し合いながら彼女がいた歴を作りました。

彼女の話

出会いは大学2年生の初め頃。学部学科は違うが同い年で同じ授業(国際法Ⅰ)をとっていた。お互い一人で前の方で講義を聴き、真面目にノートもとる。いつもいるのでなんとなく話すようになり、お菓子をシェアする仲に。彼女はグミが好き。僕は料理を作るのが好きなので、前期試験対策で一緒に復習したりレポート書いたりノートを貸し借りする際に家に遊びに来るようになる。

f:id:PioneerLGBT:20160503132713j:plain

彼女は身長163、4センチくらいで背は高め。顔はめちゃめちゃかわいいという訳ではないが、かわいらしい感じで仲良くなるととてもかわいく見える。高知出身でカツオのタタキが大好きだが、鹿児島出身の僕は鶏のタタキが好きなので、「カツオでしょ」「いや鶏だろ」は二人の中でもはや定番のやりとりに。そして坂本龍馬と西郷隆盛の話で盛り上がる。派手ではないが、おしゃれに無頓着という訳でもない。控えめな性格で出不精。地元高知の公務員志望で堅実な人生プランを持っている。一方の僕は大学3年終了後に休学してバックパッカー旅行に行くことを決める。

FTMの僕がバックパッカーとして世界を周って分かった当事者目線の3つのこと

f:id:PioneerLGBT:20160503132953j:plain

僕は旅行の資金稼ぎ、彼女は公務員試験対策で忙しくなり、すれ違う日々。僕がアクティブかつ堅実でない、自由奔放で海外で働きたいところも彼女には理解しがたかった(逆もまた然り)ため、大学3年生の途中で交際終了。1年以上は引きずったが、なんだかんだ今も連絡はとっており関係は悪くはない。19歳でできた初めての彼女は今も特別な存在である。

……

何だこのむなしさは。こんな恋愛したかった!!何が怖いってこれが全部妄想だというところですよ。もはや清々しいわ。更に言えば名前やもっと細かいところまで決まってますからね。個人情報だから言わないけど。

僕はこれからも僕らしく彼女いない感じで生きていきます。

「いいね!」して
最新情報を受け取ろう!

-FTM, Jan, LGBTカミングアウト, LGBT人生, LGBT学校生活, LGBT最新情報, LGBT結婚, 性同一性障害
-, , , , , ,