「結婚」から1番遠かった男がLGBT結婚式イベントにて挙式決定!!そこに抱く想いとは!?

2016/07/31

こんにちは!顔が見えるパイオニアメンバーのあさひです!
新メンバーになりたて顔が見える安心広告塔「あさひ」。よろしければ一度とは言わず、二度、三度も何度も僕の自己紹介記事を是非チェックしてからあなたの1日の締めのあさひの本日の記事をご覧下さい。

かっこいい?可愛い?両方を併せ持つ初の顔出しメンバー!LGBT挙式予定のアメリカ留学経験者「あさひ」とは?

ということで、第2回目の投稿はズバリ!!

『結婚』から1番遠かった男がLGBT結婚式イベントにて挙式決定!!そこに抱く想いとは!?

実は今月末に、名古屋のLGBTイベント「NLGR+」というイベントにてLGBT結婚式イベントが開催されるのですが、僕とパートナーが参加させて頂くことになりました!

しかしオーソドックスなのはやはり、同性愛者の方達の挙式・・・

そんな中、普通に結婚できるFTMの僕たちがわざわざ参加するにはある秘めた思いがあります。

普通に結婚できる僕たちがわざわざLGBT結婚式イベントに参加するのはなぜ?

f:id:PioneerLGBT:20160511150931j:image
LGBT結婚式ですから、トランスジェンダーであろうと構わないのですが・・・
やはり毎年どうも同性愛者の方達が挙げるようです。
それもそのはず。戸籍を変えたFTMの僕は本物の結婚式を挙げられるからです!
わざわざこの場を借りずとも結婚式は挙げられます。

ではなぜFTMとして挙式を挙げるのか?それは、僕には伝えたい思いがあるからです。

FTMとしての挙式イベントへの想い その1

挙式イベントにかける1つ目の想いは、他のセクシャリティの人たちにも僕が歩んだ結婚までの道のりを知ってもらいたい!ということ。
f:id:PioneerLGBT:20160511193606j:image
実はイベントへの参加を決めたきっかけとなる出来事がありました。
それは以前、他のセクシャリティの方にこう言われたことでした。
『FTMってずるいって思っちゃう。戸籍変えれば結婚できるでしょう。』
そうです。間違いありません。でも、この言葉が僕には本当に悔しかったんです!
事実、僕は結婚の為に戸籍を変えましたが、そこには一生健康面でのリスクを背負わなければならないホルモン治療、いったこともない国での性別適合手術、そこにかけたお金は100万を優に超えてしまいます。

そんなの既に想像出来る事で容易い事でしょうか?では、想像してみてください。

この道を選んだことで諦めた夢があります。ホルモン治療をするまでに親から言われた心苦しい言葉が、母の涙があります。手術の為に退職を余儀なくされる人も大勢います。お金を貯めるために働いて、節約してきました。
本当ならもっと彼女とデートができたのに。もっと旅行に行けたのに。留学だってできたかもしれない。そこで得るはずだった思い出や経験はとても貴重な財産なのに、それを全て投げ捨てて手術にかけています。
夢も仕事もお金も経験も健康も、全てを犠牲にして手に入れた結婚なのです。
それを『ずるい』と言えるでしょうか?
トランスジェンダーであっても『本当に頑張ったね。結婚おめでとう。』と心から祝福しあえるLGBTコミュニティでいたい。LGBTとしての仲間ならば、その過程を知って欲しいと思います。

FTMとしての挙式イベントへの想い その2

挙式イベントにかける想い2つ目は同じLGBT仲間に可能性を感じて欲しいから。
 f:id:PioneerLGBT:20160511193755j:image
僕は昔、結婚など出来るわけがないと最初から諦めていました。それどころか、彼女ができるとも。もっといえば、自分は幸せになったらいけない人間なんだとさえ思い込んでいたのです。さらには5年前まで治療も手術もするつもりは全くありませんでした。
そう、僕は限りなく『結婚』というものからほど遠い人間だったのです。
しかし、いくつもの苦難を乗り越え結婚式を挙げられるまでに至りました。

まとめ

つまり伝えたいことは、
セクシャルマイノリティであろうと誰であろうと、人は皆、『幸せになるために生きていく』のです。
どうか忘れないでください。どうか自分が心から望むものに目を背けないで下さい。
夢は心に描けば描くほど実現できるのです。
相談者のお話を聞くと、やりたいことがあるのに最初から無理だと諦めている方が本当にたくさんいらっしゃいます。
夢は実現できないのではなく、ただ実現する気がないだけなんです。
 だから自分の可能性を自分で摘むことだけは絶対にしないでほしい。
方法ならいくらでもあります。僕は様々な方法で夢を叶えた人を見てきました。
それでも同性結婚は無理じゃない。
その言葉を言うのは少し待ってください。僕は言いました。方法はいくらでもあると。
今では日本でもLGBTの認知度は高まり、パートナーシップ条例も組まれるほどです。養子縁組だって組めるのです。
ですが、それらの方法は法規制の面でまだまだ弱いともいえますし、養子縁組はいざという時にご家族の方とのトラブルにもなりがち・・・といったマイナス面を多く含んでいます。そのリスクを取れるのならば、あなたは結婚を手にできるでしょう。
もしくは、真っ当に結婚を望むのであるのならば、『海外での同性結婚』なんてのもあるんですよ。
ね?この世の中は上手いこと出来てるんです。ハンデがある分、なにかは犠牲にしなければならないかもしれない、事実僕も夢、仕事、お金、時間、思い出達を犠牲にしてきました。
それでもあなたが望むのであれば、結婚だって出来るということを忘れないで下さい。
 
f:id:PioneerLGBT:20160511194044j:image

あなたが諦めない限り、夢への道は続いていきます。そして、その道をパイオニアと一緒につくらせて下さい!

僕達はまだ籍を入れるには至っていません。お互いの家族との問題が残っているからです。ですが僕たちは絶対に諦めません。その途中の様子も皆様にリアルタイムで情報発信し、同じLGBT仲間である方たちの希望となれるよう乗り越えていきたいと思います!今後とも何卒、宜しくお願い致します。

「いいね!」して
最新情報を受け取ろう!

-FTM, LGBTカミングアウト, LGBT留学, LGBT結婚, 性別適合手術, 性同一性障害, 海外同性結婚
-, , , , , , , , , , , , , ,