海外で挙げる同性結婚のベストスポット!~幸せな時間を、最幸の人と~

2016/07/30

こんにちは!あさひです!前回は留学での失敗談からより良い留学生活を送る為の注意点をご紹介しました。

留学の失敗から学ぶ、有意義な留学をする為には?

今回は少し視点を変えて、留学先で見たもう一回行ってみたいあの場所についてご紹介します!行ってみたくなること間違いなし!?の絶景ポイントです!

 日本人の同性カップルも挙げていた!海外挙式のベストスポット!

当時、アメリカでは限られた地区でしか認められていなかった同性婚。僕が留学していた地区は幸運にも同性婚が認められていたカリフォルニア州でした。アメリカで出来た友人が僕がLGBTだと知った上でか連れて行ってくれた場所がありました。

夢のような結婚を、夢のような場所で

f:id:PioneerLGBT:20160713025525j:plain

連れて行ってくれたのは有名な教会でした。海が見渡せる丘に建っている、全面ガラス張りの小さな教会。本当に夢のような景色です。

少し歩くとそこで挙式したカップルの名前が彫られた道があります。いくつもの名前が刻まれた中に、友人が教えてくれたのは同性カップルの名前があるということ。「ここでは誰でも結婚できるんだ。」その言葉と、その場所に連れてきてくれたことがとにかく嬉しかった。その当時、僕にとって結婚は非現実的なもので、無謀なものだったからこそ、ここで挙げたいと強く願い、ここなら夢が現実になるかもしれない!初めてそう思えた場所でした。

 祝福してくれるはずの会場・スタッフは本当に歓迎してくれている?

f:id:PioneerLGBT:20160713031746p:plain

2人の幸せを皆にも祝ってもらいたい。そう思うのは当然の事でしょう。今の日本では昔より同性カップルであろうと公で挙式できる場所も祝ってくれる人も多くなったのではないかと思います。しかし、昔は日本のホテルはほとんどが同性挙式を認めているところはなかったのです。今でもそういうところはあるのかもしれません。もしかしたら、偏見を持つスタッフがいるのかもしれません。僕は偏見やいじめを小さい時に受けてきた経験からかそういう人たちの雰囲気はなんとなくわかってしまいます。幸せでいっぱいの結婚式に、そういう人を見かけるのは普段より傷つきますし、きっと世の中に幻滅することでしょう。

だから僕は、祝福してもらいたい人に、祝福してくれるスタッフの方たちと結婚式を作り上げていきたいと思っています。ストレートのカップルではそんなこと当たり前すぎて考えないかもしれませんが、僕はそんな当たり前なことほど意外と難しいことを身を持って経験してきたからこそこだわりたいのです。式当日に世の中に嘆きたくありません。生まれてきて良かった。祝ってくれる方たちを見て、出会えて良かった。そんなことを感じながら特別な日を過ごしたいと思っています。f:id:PioneerLGBT:20160713032543j:plain 

まとめ~幸せな時間を、最幸の人と~

f:id:PioneerLGBT:20160713032911p:plain

大事な結婚式、笑顔と喜びの涙でいっぱいにしたい特別な日。誰を呼ぶかも大切ですが、僕たちが選べないスタッフも忘れてはなりません。最高に幸せになれる日だからこそ、たった一つのことが最悪な日へと導いてしまうこともあります。どこでどんな人と挙げるかも考える必要があるのではと僕は思っています。というのも僕はこう見えてホテル学科出身で、ホテルのそういった背景を知っているからです。

前にも記事にしましたが、どこで挙げるかより、誰と式を作っていくか?信頼できる人と挙げることがなにより大切だと思います。

LGBT結婚式を数多く手掛けるVALENTY WEDDINGの独占インタビューを大公開!~納得の結婚式を挙げる方法~

海外では同性婚が当たり前の世界がたくさんあります。海外で結婚式を挙げる。そんな選択肢も素敵ですね。

「いいね!」して
最新情報を受け取ろう!

-LGBT留学, 海外同性結婚
-, , , , , , ,